PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

地震。。。

会社で地震にあいました。
1回目の時は、下からドンと突き上げる感じから始まって、
その後横揺れに。だんだん揺れが激しくなり 
「机にもぐれ」の指示! 
ヘルメットをかぶって、
笛を首からさげて、
机の下でおさまるのを待ちました。
ものすご~く長い時間でした。

ようやく揺れがおさまり、
みんなで「すごかったね~」と話していると
窓から見えるお台場の方で黒い煙、
海の向こうで遠く千葉のコンビナートの炎も見えました。
そしてネットで状況を把握していた矢先、2回目の地震が!
即座に全員、机の下にもぐりました。このときも物凄く揺れました。
職場は44階建の17階なので、ビルの構造上 
揺れることで力を逃がすんだそうです。
その後も余震が続きましたが、
ずーっと揺れている感じがして怖かったです。
所在を明確にしないといけないので
トイレに行くにも周りの人に「トイレ行ってきます」と
自分の居場所を明確にするほどに!

ソナパパと母が心配になり、連絡を取るも電話は通じず。
メールも全然返信がきません。
家でお留守番をしているワン子達も心配です。早く帰りたい。。。

地震発生直後に業務は終了、職場待機が続きました。
首都圏の電車は全路線不通に。。。
フロアではカンパンと水、毛布が支給されました。
こんな体験は長年生きてきて初めて。
これからどうなるんだろ。。と不安がよぎりました。
そんな矢先、家族とようやく連絡がとれ、
ソナパパは学校から歩いて帰ることに、
母も無事がわかりホッとしました。

職場では歩いて帰れる人は帰ってよいという帰宅命令が出て、
男性の方たちはほとんど徒歩で帰っていきました。
家まで数十キロという道のりを!
私は、いわゆる「帰宅難民」に。
会社に泊まるつもりでいましたが、
深夜11時過ぎにようやく電車が運転再開になったので
帰路に着きました。家に着いたのは1時を回っていたと思います。

電車は激混みでしたが、帰りたい気持ちはみんな一緒!
ギューギュー詰めで苦しくても 
ちょっとでも空間があれば「大丈夫乗れますよ」と
声をかけていました。

ソナパパも4時間かけて
コンビニすらやっていない
停電の真っ暗な街を20キロ歩いて帰ってきたらしいです。
ウチの4匹のワンたちも無事でした。
家の中も姿見(ミラー)が倒れていたほかは特に問題なし。
なぜか、職場のみんなが同じように一番気にしてた
液晶テレビも無事でした。

我が家の被害は、ほとんどなかったけど
テレビでは多くの方が被災されたとのこと。
被災地の方々のご無事をお祈りいたしますとともに 
心よりお見舞い申し上げます。
スポンサーサイト

| 生活 | 23:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://mmaa717.blog18.fc2.com/tb.php/139-19199ea5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。