2011年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

地震酔い

地震発生から幾度も余震が続いてるせいか、
いつも揺れているような感じがしてなりません。

さっき、テレビで このような症状を訴えている人が多いと
報道していました。「地震酔い」というんだそうです。
車酔い、船酔い と同じで、「また揺れるんじゃないか」
などの不安がストレスとなって、バランスをつかさどる
三半規管がやられてしまうとのことでした。

仕事をしていても頭がフラフラ回っているような、
座っていても お尻が左右に持ってかれるような感じがしたり。。。

症状を取り除くには、深呼吸をして冷たい水や
温かいお茶などを飲み、リラックスを心がけることだそうです。
実践してみようかな。
スポンサーサイト

| 生活 | 11:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ガソリン2

家から歩いて行けるスタンドは、いまだにどこも休業中。
それにしては、車が沢山走っているので
おかしいと思って、すこし離れたエネオスに問い合わせしてみた。
すると区内で営業しているエネオスのお店を教えてもらった。
行ってみると、幹線道路を中心にの別のスタンドもいくつか営業を再開していた。
順番待ちさえすれば買える状態に。
やっている店をさがすことすら困難だったから一安心。

いままでは、いつでもどこでも給油できるのが当たり前。
使い切ってランプがついたら給油していたけど
ガソリンの供給が通常な状態にもどったら
非常時に備えて減った分を補給する感覚で給油した方がいいかもね。
これも教訓です。

| 生活 | 10:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ガソリン

近所のスタンドが少しだけ開いたので、
ようやく入手できました。
1時間ならんで、一人2千円分まで、
もう、給油ランプがついていたので、
これで助かりました。
ほんとうに非常時だけ車は使おうと思います。

| 生活 | 17:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

自宅待機

ソナパパです。
今朝は、東急田園都市線の長津田、中央林間間が運休のため
職場に行けず自宅待機中。
近所のガソリンスタンドも回ってみたが
すべて品切れ休業。
ガソリンがないし自動車通勤も無理。
昨日は、「大規模停電か?」との発表があったので帰りの駅は大混乱。
「また、帰宅難民になるのでは」との不安が広がったみたい。
正確な情報が伝わらないし、
憶測で行動することの怖さを感じた。

逆にほっとしたのは、歩いて行けるスーパーに、
お米と、トイレットペーパーが入荷されたこと。
一家族一つと制限があったけど、
なんとありがたいこと。
車が使えないので、遠くには買いにいけないし
底をついていたので不安だったけど、
なんとか切り抜けられた感じ。

あとは、鉄道が正常に戻って
ガソリンが手に入ればいいのだけど、
被災地の状況に比べたら
まだまだ天国、我慢しよう。

| 生活 | 08:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

非常時の連帯感

今日も計画停電は続いているので、
電車の運行は通常の50%
昨日は大混乱だったので、今日は、いつもより30分早く駅に行った。
すると! 昨日あんなに人だらけだった駅が通常に戻っている!
時差出勤をしている人もいるんだろう、スゴイ☆
1日で対応してしまった。

会社のある勝どきの駅へ着くと、
乗降客が改札に向かう階段を1列に並んで静かに上っていた。
私たち、ホームに降り立った人達は 
いつもなら雑然として、横入りする人もいるのに
今日は皆 整然と列の後ろに並び
列を乱すことなく上った。

なんか日本全体が連帯感をもってきた感じ!
なんか感動しちゃった。

| 生活 | 21:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

日本の私たち!がんばろう☆

今日、会社の友人が「こんなサイト見つけた。見てみて」
というので、家に帰ってきてから見てみました。
http://prayforjapan.jp/tweet.html

自然と涙があふれ、気づいたら号泣してました。
捨てたもんじゃないじゃん☆日本!

そういえば、地震直後の金曜日、
やっと運転再開した電車での話です。
ホーム一番前に順番待ちしていた女性が
到着した電車のあまりの混雑に乗るのを躊躇していると
後ろに並んで待っていた若い男性が
「せっかく一番先頭にきたんだから少しでも空間があったら
乗っちゃいなよ。僕達、後ろから押します」
と言っていたのを思い出しました。その声を聞いて車両の中にいた私たちは
ギューギューの中、少しずつ詰めて一人でも多く乗れれば と
思ったのでした。みんなイヤな顔 ひとつせず!

今日、計画停電が実施され、首都圏の交通網は大混乱しました。
私もその中の一人だったのですが、行き帰り ギューギュー詰めの電車
で疲れて家に帰ってきてから このサイトを見たのです。
私は恥ずかしくなりました。なんて自分のことばかり考えていたんだろうと。。。

今もテレビで被災状況が写し出されています。
私たちに出来ること。実行しましょう。

| 生活 | 20:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

地震。。。その後

2011_03140013.jpg
ソナパパです。
今日は、たまたま代休だったので家にいます。
被災地の状況がテレビで次々と映し出され、
あまりにも悲惨な大変な災害であることを痛感しました。
被災地から遠い我が家の周りでもいろいろと影響がでています。

今朝、ミキティを駅まで車で送って行くと
計画停電の影響で今朝の首都圏の交通網は大混乱。
東急田園都市線が運行本数を大幅に減らしたため
駅構内は入場制限していて
電車に乗るのも一苦労の様子。
電車に乗るまで約1時間待ち。
駅から帰ってくる際も道は大渋滞。
近所のスーパー、飲食店は午前中で
閉店との張り紙がはってあり
すでに、スーパーの入り口では長蛇の列。
コンビニも食品棚は空っぽ。
ガソリンスタンドも給油待ちの車でいっぱい。
すいたかなと思って昼過ぎに
ワン達の散歩がてらガソリンスタンドを見に行くと
ハイオクは既に品切れ、レギュラーも残り少なく入荷も未定とのこと。
自動車通勤は、渋滞だしガス欠だし、しばらく無理かな。
ミキティは帰宅命令が出たとメールがあったけど
今の時間、東急田園都市線は運休しているので
復旧予定の5時半までは、帰宅できない。
5時から、この地区も停電対象らしいでしばらく
かまんしないとね。

いろいろ不便だけど、被災された方に比べたら
これくらい我慢しないと。
そして、この震災で亡くなられた方のご冥福をお祈りいたしますとともに、
被災された方ののご無事をお祈りいたします。

写真は、ミキティの会社で配布されている笛です。
家に忘れていきました。

| 生活 | 16:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

地震。。。ソナパパの場合

学校で地震にあって。
多くの本棚やロッカーが、倒れて物が散乱。
生徒は集団下校に。
今回は訓練でなく、本当の避難なので
生徒達にも緊張感が!
生徒達を家まで送っていって無事帰宅したのを確認後、先生達も帰宅へ。
といっても、なぜかその日は電車通勤。
電車もそのうち運転再開するだろうと
甘い見通しだったけど
なかなか復旧せず。
テレビでは、大変な被害状況がつぎつぎと明らかに。

電車の復旧を諦めて
同僚の先生が近くまでおくってくれるというので
車で学校を出たけど、道はどこも大渋滞。
まったく車が進まない。
国道246号までやっとたどり着いたところで
車での帰宅を断念。
おろしてもらって、そこからは徒歩。
あと20kmぐらいあるけど
車は大渋滞で、ほとんど動かず。
歩いた方が速いことは明らか。
徒歩で帰宅している人も沢山いた。

何も考えていなかったので、
食料も飲み物もない。
停電でファミレスはおろかコンビニもやっていないから
トイレも我慢しなければならない。

歩きだして最初の2時間は余裕があったけど
2時間過ぎてからは、足取りもかなり重くなった。
喉も渇くが、自販機も電源が入っていないので飲み物も調達できない。
国道を離れて一般道に入ると
停電で街はゴーストタウンのような様子。
信号も止まっているから
大きな交差点では、警官が手信号で交通整理している。

考えてみれば大昔、富士山に登った時以来の長時間の徒歩。
しかし今回は、食料なし、飲み物もなし。
4時間かかってようやく帰宅。
家の中が、どんな状況になっているか不安。
遠征時に使っている懐中電灯が玄関においてあったので、
それを使って、まっくらな家の中を捜索。

犬達はバリケンの中だったので無事。
絶対ひっくり返っていると思った液晶テレビも無事。
食器棚や本棚も無事。
被害といえば、まてぃおがバリケンの中で
オシッコを漏らしていたことぐらいかな。
老犬だから仕方ないけど、頼むよマーティ。
停電しているので、テレビもつかないし。
PCはバッテリーで立ち上がるが、
肝心のモデムが停電で使えずネットは無理。
携帯だけが情報源。

電気が普及するまでは、とても不安な気分。
しばらくしてようやく電気が復旧して
電車も夜遅く走り出してミキティも帰宅できて一安心。

考えてみれば、街頭がついて、24時間
ファーストフード、コンビニ、スーパーが開いている
明るい街って本当にありがたいなってつくづく感じた一日。

最後はやっぱり、車より自分の足の方が確か。
出来れば自転車があったらと思ったし、
落ち着いたら自転車買いに行こう。

| 生活 | 12:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

地震。。。

会社で地震にあいました。
1回目の時は、下からドンと突き上げる感じから始まって、
その後横揺れに。だんだん揺れが激しくなり 
「机にもぐれ」の指示! 
ヘルメットをかぶって、
笛を首からさげて、
机の下でおさまるのを待ちました。
ものすご~く長い時間でした。

ようやく揺れがおさまり、
みんなで「すごかったね~」と話していると
窓から見えるお台場の方で黒い煙、
海の向こうで遠く千葉のコンビナートの炎も見えました。
そしてネットで状況を把握していた矢先、2回目の地震が!
即座に全員、机の下にもぐりました。このときも物凄く揺れました。
職場は44階建の17階なので、ビルの構造上 
揺れることで力を逃がすんだそうです。
その後も余震が続きましたが、
ずーっと揺れている感じがして怖かったです。
所在を明確にしないといけないので
トイレに行くにも周りの人に「トイレ行ってきます」と
自分の居場所を明確にするほどに!

ソナパパと母が心配になり、連絡を取るも電話は通じず。
メールも全然返信がきません。
家でお留守番をしているワン子達も心配です。早く帰りたい。。。

地震発生直後に業務は終了、職場待機が続きました。
首都圏の電車は全路線不通に。。。
フロアではカンパンと水、毛布が支給されました。
こんな体験は長年生きてきて初めて。
これからどうなるんだろ。。と不安がよぎりました。
そんな矢先、家族とようやく連絡がとれ、
ソナパパは学校から歩いて帰ることに、
母も無事がわかりホッとしました。

職場では歩いて帰れる人は帰ってよいという帰宅命令が出て、
男性の方たちはほとんど徒歩で帰っていきました。
家まで数十キロという道のりを!
私は、いわゆる「帰宅難民」に。
会社に泊まるつもりでいましたが、
深夜11時過ぎにようやく電車が運転再開になったので
帰路に着きました。家に着いたのは1時を回っていたと思います。

電車は激混みでしたが、帰りたい気持ちはみんな一緒!
ギューギュー詰めで苦しくても 
ちょっとでも空間があれば「大丈夫乗れますよ」と
声をかけていました。

ソナパパも4時間かけて
コンビニすらやっていない
停電の真っ暗な街を20キロ歩いて帰ってきたらしいです。
ウチの4匹のワンたちも無事でした。
家の中も姿見(ミラー)が倒れていたほかは特に問題なし。
なぜか、職場のみんなが同じように一番気にしてた
液晶テレビも無事でした。

我が家の被害は、ほとんどなかったけど
テレビでは多くの方が被災されたとのこと。
被災地の方々のご無事をお祈りいたしますとともに 
心よりお見舞い申し上げます。

| 生活 | 23:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。